VOCALOID Wiki
Advertisement

概要

歌詞


帚木の影に褪せていく他愛もない言葉の数
それを全て繋ぎ止めて触れるまであとどれほどの愛

君の事を思い出してみた 鏡越し煙の中
止めどなく過ぎる感情に 涙はない ただの羅列

重ね過ぎた君の朝も
重ね過ぎた君の冬も
重ね過ぎた君と僕も
全て違う答え

僕は片目を手で覆い隠してもう片一方記憶を映した
あやふやに辿る道の上 心はただ静かになっていく

もう片付いたこの部屋も
様にならない花束も
重ね過ぎた君と僕も
さあもうその眼を開いて手を伸ばして

帚木の影に褪せていく他愛もない言葉の数
それを全て繋ぎ止めて触れるまであとどれほどの
君を残せる

収録アルバム

カバー・アレンジ

メディア出演

トリビア

ギャラリー

外部リンク

Advertisement